こちらでは最新医療に関する情報を、不定期にて掲載しています。皆様が知って得する医薬品のお話や、病気になった時にどのような対処をすれば良いのか等、気になる方はぜひ一度当サイトをご一読くださいませ。

最新医療のインプラント手術とは?

インプラントは歯を失くしてしまった後の最新医療のひとつで、第2の永久歯とも呼ばれて人気が高い治療です。
従来の治療のメインであった、入れ歯やブリッジからの交換を希望する患者さんも急増しています。

インプラント治療が快適なのは、人工の歯根を顎の骨に直接埋め込んでそこを土台にしてセラミック歯などを植立するので噛む力が天然歯に近い形で伝わるためです。
使われる人工歯根にはアレルギーリスクの低い素材が使われているので、治療後に時間が経っても歯肉の変色などのトラブルが起きにくく審美性も高くなっています。
入れ歯やブリッジの治療では他の歯にバネや留め具を掛けたり削って支えにする必要がありますが、インプラントではなくしてしまった歯1本単位で治療ができ、残っている他の健康な歯に影響しないのも特徴のひとつです。

インプラントは快適で見た目も美しい最新医療ですが、歯医者さんの治療の中でも人工歯根を埋め込む外科的な手術を伴うので、いろいろな面から負担や不安感を感じる患者さんもいます。
インプラント治療を専門に行う歯科では患者さんの負担をできるだけ軽減し快適な最新医療の治療を受けてもらえるようにいろいろな手術方法を取り入れていて、オールオン4はそのひとつです。

インプラント専門歯科のオールオン4手術では、4本の人工歯根を顎の骨に埋め込むことで上顎又は下顎の全て人工歯を支える治療をします。
オールオン4手術は、総入れ歯など多くの歯をなくしてしまった方に適した方法です。
失くした歯の本数だけインプラント手術をするとなると、患者さんの身体的なストレスに加えて治療期間や治療費用といった点でも大変負担が大きくなってしまいます。
オールオン4手術を導入することで最小限の手術で上顎・下顎の歯を全部支えることができますから、身体的・費用・期間ともに患者さんの負担は最小限です。

オールオン4手術を行うには、顎の骨の状態を事前に精密に診断する必要があります。
インプラント専門歯科のオペの事前検査は、歯医者さん専用のデンタルCTスキャンを使った精密検査です。
デンタル専用CTを使った検査では、口の中の状態を3D画像で立体撮影できます。
インプラント専門の歯医者さんでは実際の手術のシミュレーションを設計しますが、シミュレーションの元となるのが事前検査のデンタルCT画像です。
CTによる3D立体画像を使ったシミュレーションにより、より安全で短時間の手術をしています。

■腕のいい歯医者でインプラント手術を受けたい方
インプラント手術は愛知県でできる