こちらでは最新医療に関する情報を、不定期にて掲載しています。皆様が知って得する医薬品のお話や、病気になった時にどのような対処をすれば良いのか等、気になる方はぜひ一度当サイトをご一読くださいませ。

矯正歯科でできる最新医療の歯列矯正とは

歯列矯正は悪い歯並びを治す最新医療です。
悪い噛み合わせは容姿を崩すだけでなく、咀嚼が完全ではないことから、健康にも影響します。
治療に適した時期は永久歯が生えそろう時期ですが、近年は大人になってからの歯列矯正も行われています。
また、症状によっては、永久歯が生え変わる前からの歯列矯正も行われます。

矯正歯科では、患者の症状に合わせて、適切な最新医療を行っています。
一般的な治療法は、悪い歯並びの部分にブラケットを装着する治療法です。
ワイヤーを利用してブラケットに一定の力をかけ続け、歯を少しずつ動かしていきます。
歯は一気に動くことはなく、治療期間には数年を要する場合もあります。

ブラケットによる治療は治療効果が高いものの、外から見える欠点があります。
特に、年頃のお子様の場合は心理的な負担が生じます。
矯正歯科では患者の要望により、外から見えにくい治療法を用意しています。
歯の裏側に器具を装着する裏側矯正は、外から器具が見えにくい治療法です。

矯正のためにの装置の着脱が自分でできる治療法として、クリアアライナーを使った治療法があります。
クリアアライナーとはマウスピースのような器具で、透明で見えにくく、着脱が自由です。
器具は一定期間で作り変えられ、型に合わせて少しずつ歯が動いていきます。
マウスピースのように着脱が可能なため、治療に必要な一定時間の装着が、自分で管理できるかが鍵となります。

矯正歯科が行う歯列矯正は、一定の痛みが伴います。
特に歯が動く時期は、痛みが続きます。
痛みは我慢できないほどではありませんが、長く続くとストレスになります。
お子様の矯正治療では、一定の痛みがあることを納得させ、治療が終わった後のきれいな歯並びをイメージさせながら、治療を続けさせることが大切です。

矯正治療の前には、虫歯を治しておく必要があります。
また、歯列矯正の期間中は、虫歯をつくらないように、歯磨きを徹底する必要があります。
治療が済んだ後は、歯並びが元の悪い状態に戻ることはほとんどありません。
しかし、症例によっては一定期間の保護措置が必要となる場合があります。

大人になってからの歯列矯正は、歯並び全体を動かすよりも、部分的な治療を施すほうが治療効果は上がります。
結婚前のブライダル矯正では、特に目立つ部分の歯並びを、集中して治療するものです。
特に、東京などの都会の矯正歯科では、患者の事情や歯並びの状態に応じて、複数の治療法を用意して、患者が治療しやすい環境を整えています。
東京都江東区の歯科には充実した最新設備や環境が整えられている歯医者が多く点在しています。
大切な時期、人との出会い、悩みがある場合は歯並びを東京で整えましょう。